*

まだ見ていない人のための「たまゆら」紹介

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 2010年

『たまゆら』の想い出がつまった卒業記念展が聖地・広島県呉市で開催

シリーズ完結を記念した企画展が広島県にある蘭島閣美術館で開催されるそうです。

完結編映画第4部の公開も控えておりいよいよクライマックスといったところですがこちらの「卒業記念展」も気になりますね。

そんなわけで、今回紹介するのはアニメは「たまゆら」です。

 

【たまゆら】あらすじと概要

2010年にOVAとして発売された佐藤順一監督のオリジナルアニメ作品です。

元々はショートアニメで全4話という短い尺で作られたアニメですが、翌年に一般的放送枠で1クールの続編が作られ、2013年に第2期が放送されました。

そして現在は完結編と称して4部作の映画が放映されており、少し変わった構成のアニメ作品と言えます。

ストーリーは、写真が好きな高校生・沢渡楓(さわたりふう)と彼女を取り巻く人たちの日常を描いたものになります。

物語全体を通してのテーマは「夢」で、楓たちが自分の好きなモノ、自分らしさ模索しながらゆっくり成長していく姿が描かれます。

 

作中には所謂「悪人」がまったく出てこないのが特徴です。

出てくるキャラクターに捨てキャラみたいなのが一人もいなくて、もれなく全員優しい、皆楓たちに何らかの影響を与えるという重要な役割を持っています。

年齢も性別も異なる様々な人の心に触れることで楓たちのやりたいこと、夢が具体性を帯びていくのです。

穏やかな風景、優しい人達、ゆっくり流れる時間、眩しぎてクラクラするくらいに「たまゆら」の世界は優しさでできています

 

本作を視聴してからかなり時間が経っていたので、この記事を書きながら色々調べていましたが、声優がすっげー豪華ってことに今更気が付きました。

監督スタッフもほとんど「ARIA」メンバーということで、作品全体に溢れる暖かい雰囲気も納得です。

自分は初めて「たまゆら」を見たとき前情報を調べていなかったので、「やばい作品見つけてしまった」と浮かれてたんですが、恥ずかしい限りです。

でも「ARIA」スタッフが再結集して作ってるっていう先入観が無かったおかげで素直に見れたっていうのもあると思います。

知ってたらどうしても「ARIA」と比べながらの視聴になってしまうんで…。

  

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

「探偵オペラ ミルキィホームズ」紹介

ミルキィホームズの劇場版が公開されたということなので、本日はアニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」を

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【豊作!?】2017年秋アニメ視聴リストまとめとオススメ

久々の更新となりました。 前置きはさておき、さっそく今期(2017年

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑