*

「劇画・オバQ」が本当に切なかった話

公開日: : 最終更新日:2016/09/21 漫画

藤子・F・不二雄先生の短編「劇画・オバQ」を読みました。

簡単なあらすじは以下に引用しておきます。(ネタバレ注意

大人になりサラリーマンとなった大原正太(正ちゃん)と、15年ぶりに人間界に帰ってきたQ太郎が街角で再会する。正太は既に結婚しており、Q太郎はその家庭に居候することになるのだが、正太の妻は大食らいで厚かましい態度のQ太郎を煙たがる。そしてQ太郎が戻って来た事を知った西郷強(ゴジラ)が、かつての仲間達で飲み会を開く。やがて昔話に花が咲き、「子供の頃の夢よもう一度」と皆で誓い合う。

しかしほどなくして、正太の妻が妊娠していると分かり、昨日の誓いなどすっかり忘れて子供が出来たと浮かれて出勤する正太を見たQ太郎は、もう正ちゃんは子供ではないということを悟り、大原家を後にしてどこかへ飛び去って行く。(wikipedia)

タイトルの通り劇画っぽいタッチで描かれた登場人物とどうしても劇画調に馴染まないQ太郎の生々しい姿が不自然で、冒頭から哀愁が漂っていました。
飲み会の席では楽しかった少年時代の思い出が蘇るけど最後は現実の波に飲まれていきます。
もうあの頃には戻れないここに自分の居場所はないと悟ったときのQ太郎の表情が本当に寂しそうで…見てて辛いものがありました。

さらば青春の光で描かれたもの

これを読んで真っ先に思い出したのはフランク・ロダム監督の映画「さらば青春の光」です。
この作品ではモッズ文化が描かれていますが、その根底にあるのは「青春とモラトリアム」です。
主人公のジミーは、自由であるために、自分らしくあるためにいつも本当の瞬間を探しています。
他のことは全部忘れて夢中になれるような何か、その瞬間を掴んだかに思えても次の日になればそれも忘れていく。
子どもでも大人でもない、そんなジミーが迎えるラストシーンの余韻は「劇画・オバQ」のラストに似ていて青春時代の終わりを感じずにはいられません。

  

take

最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」感想

水木しげるっぽい絵で描かれる純文学の世界 『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読

記事を読む

強さの果てとその先を描く作品

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読んで色々と思うことがあったのでまとめておきます。

記事を読む

「ハイスコアガール」が連載再開! ようやく続きが読める!アニメ化は…!?

「ハイスコアガール」連載再開 色々あって連載が中断されていた押切蓮介先生の「ハイスコアガール」の再

記事を読む

振り子の理論で考える「ハクメイとミコチ」第4巻

「ハクメイとミコチ」第4巻のネタバレあります。   第2回 次に来るマンガ大賞

記事を読む

【少女ファイト】13巻感想 好きなことに正しく狂え

日本橋ヨヲコ先生の『少女ファイト』13巻読みました!! 12巻の発売が去年の今頃だったのでおよそ1

記事を読む

【日本橋ヨヲコ】20周年記念展が秋田で開催!

【日本橋ヨヲコ】画業20周年企画!初の個展は秋田県で開催 初の大原画展『日本橋ヨヲコ画業20周

記事を読む

【モブサイコ100】原作漫画を読みたい人はzipなど探す必要はない

【モブサイコ100】アニメ放送前に原作を読みたいならば… タイトルの通りです。 お金は払いたくな

記事を読む

現代版まんが道 東村アキコの「かくかくしかじか」紹介

今回は「海月姫」などで有名な東村アキコ先生の自伝漫画「かくかくしかじか」を紹介します。 「かくかく

記事を読む

【松本零士】「恐竜荘物語」で描かれた先の見えない明日

松本零士の「恐竜荘物語」 松本零士といえば「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」で有名ですが、自分

記事を読む

超豪華なコラボ「水木しげるの遠野物語」

遠野物語とは 『遠野物語』は明治時代の民俗学者、柳田國男が遠野(岩手県)に伝わる民間伝承を

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【豊作!?】2017年秋アニメ視聴リストまとめとオススメ

久々の更新となりました。 前置きはさておき、さっそく今期(2017年

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑