*

【さくらの唄】10代で読みたかった!剥き出しのナイフのような作品

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 漫画

「さくらの唄」とは

安達哲の「さくらの唄」を読みました。
読後に調べたらこの作品はサブカル青春漫画としてカルト的人気を誇っているものらしいです。
その情報を事前に知らなくてよかったという安堵と、何も知らずに読んだが故のいきなりナイフで切り付けられたような衝撃にまだ気持ちがフワフワしてます。

「さくらの唄」のあらすじ

両親の海外赴任のため、美人だが出戻りの姉と二人で暮らす無気力な高校三年生・市ノ瀬利彦。彼は担任の三ツ輪先生に憧れを抱き、先生目当てで美術部にも所属していたが突然の妊娠によってその憧れは打ち砕かれてしまう。

また、同じクラスの美少女・仲村真理にも淡い想いを抱いているのだが、引っ込み思案な性格のためか話すこともままならないでいた。さらにそんな中、姉と暮らす自宅に不動産屋を営む親戚の金春夫妻が強引に転がり込み、うんざりするような共同生活が始まる。

美大進学のため画塾に通い始めた市ノ瀬は、偶然にもそこで同じく絵の勉強している仲村真理の姿を見つける。ちょっとした会話がきっかけで次第に心が打ち解けてゆく二人。

そんなある日、学校の文化祭で映画を上映する企画が持ち上がる。主演は仲村真理に決まり市ノ瀬とクラスメイトたちは一致団結し映画の撮影を進めていく。映画の撮影を通し青春を謳歌し始める市ノ瀬たち。 しかしその一方で叔父の金春はバブル景気を背景に金の力で市ノ瀬の住む街を牛耳っていくのだった…。(wikipedia)

人の目が怖くて自分に自信が無くて好きな人には話しかけられない、そんな青春のモヤモヤした部分を描いた前半部分とそのすべてが狂っていく後半でストーリーは構成されています。
文庫版は上下巻だけなのでどのシーンが良かったかと言われれば全部良かったし意味の無いシーンが無い凝縮された作品なんだと思いました。
思春期の希望や葛藤と「性」は切り離せないと思いますがここまで真っすぐそれを描いてる作品を自分はあまり知りません。
個人的に文庫版(下巻)P283からのセリフが印象に残りました。

going steadyの「さくらの唄」

going steadyのアルバム「さくらの唄」のタイトルはこの作品から影響を受けているそうです。
自分の好きなものが線になって繋がってくことで自分の好みや価値観がより明確になっていくのを感じますが、ネット全盛時代に青春時代を過ごしていたら自分はこういう楽しみ方はしなかったかもしれません。
流行りだけにさっと触れるような、点だけ増えていく広く浅くな楽しみ方をしていたと思うのです。

今は情報を得るのは簡単になったけど作品の消費速度は早くなっているように感じます。
そんな風に手広くあれこれ美味しいところだけつまめる現代っ子を羨ましく思う反面興味深くもあります。
多感な時期に自分の殻に閉じこもって自分だけの世界観を作ることをしなかった/できなかった人はどんな大人になるのか。
もちろんそんな人ばかりではないと思いますが。

   

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」感想

水木しげるっぽい絵で描かれる純文学の世界 『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読

記事を読む

【しのびがたき】裏サンデーで連載されている飛田ニキイチ先生の新作が面白い!

「しのびがたき」とは? web漫画サイト「裏サンデー」で連載が始まった「しのびがたき」が面白いです

記事を読む

「ゆるキャン△」が自分の知ってるキャンプと違った話

まんがタイムきららフォワードで連載されている「ゆるキャン△」の第1巻を読みました。 あ

記事を読む

【日本橋ヨヲコ】20周年記念展が秋田で開催!

【日本橋ヨヲコ】画業20周年企画!初の個展は秋田県で開催 初の大原画展『日本橋ヨヲコ画業20周

記事を読む

『コトノバドライブ』3巻の感想

6月26日日曜日 物凄い腹の痛みで目を覚ます。 大抵は無視して寝てれば治ってるけど今回はそうもい

記事を読む

【サーカスの娘オルガ】山本ルンルン先生の新作が面白い

山本ルンルン先生の新連載 山本ルンルン先生が月刊誌ハルタで連載を始めました。 自分がこの作者を好

記事を読む

現代版まんが道 東村アキコの「かくかくしかじか」紹介

今回は「海月姫」などで有名な東村アキコ先生の自伝漫画「かくかくしかじか」を紹介します。 「かくかく

記事を読む

「モブサイコ100」アニメ化にあたってのあらすじ紹介とか

「モブサイコ100」は「ワンパンマン」で一躍有名作家になったONE先生がWEBサンデーで連載している

記事を読む

【ちはやふる】無料アプリBOOK☆WALKERで電子書籍版を購入してみての感想

『ちはやふる』滅茶苦茶安くなってた! 漫画アプリBOOK☆WLKERで『ちはやふる』1~30巻まで

記事を読む

【漫画感想】『ちはやふる』の魅力を考えてみた(ネタバレ注意)

『ちはやふる』滅茶苦茶面白いです。 原作を読んで思うのはアニメの出来もかなりよかったってこと。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑