*

ネタバレをどこまで許せるか

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 雑記

「はじめの一歩の」ネタバレが有ります。

 

皆さんはアニメや漫画のネタバレを許せますか?
作品によってはネタバレ一つで全部を台無しにしてしまう場合があるので非常に繊細な話だと思います。
ネット上では意図してネタバレしてくる人がいてなんでそんな嫌がらせをしてくるのか理解に苦しみますが、そうしたネタバレと上手く付き合っていくにはどうすればよいのでしょうか。

「この作品は○話から面白くなるよ」はネタバレに入るのか?

こういった文句で作品をオススメされると、「じゃあその回で何かあるのか」とこちらは意識させられるのであまり良くは感じないです。
ブログなんかでも記事のタイトルで思いっきりネタバレしてたりツイッターでネタバレが回ってたりもします。

悪意なく書いてる人もいるし、ネタバレを欲しがる人もいるので結局のところは、個人で意識して防止していくしかないと思います。
自分は盛り上がってる作品が気になるところで終わったときは次の週まで2chやまとめサイト、ツイッターのチェックは極力控えるようにしています。
なぜかドヤ顔で「原作では次こういう展開になるよ」と語る人が出てくるんですよネットでは。

制作サイドからのネタバレ

これこそ防ぎようがない事故だと考えています。

OP、EDでネタバレ

まだ仲間になっていない(出てきてない)キャラが主人公たちと仲良くしてる、主人公グループと一緒に走っているなんかがよくあるパターンですね。
最近では減ってきたものの、まだまだそういうOP、EDを使ってる作品はあります。

個人的にはそういう粗さは面白いのでアリですが、人によってはそういうのも許せないことがあるかもしれません。
そのキャラが仲間になってからOP、EDに追加されるような作品もあってそういう配慮をしてくれてるのは好感が持てますね。

次回予告やサブタイトルでネタバレ

「ドラゴンボール」や「遊戯王」なんかはド直球なネタバレをしてたことがあって未だにネタ扱いされてますね。
あそこまで露骨じゃなくても次週のカットやサブタイトルから次の展開を察してしまったときはなんとも言えない虚しさがあります。
作品によっては次回予告でボケまくったり、遊び心が出ていたりするので見たいけどネタバレが怖くて見れないという友人がいました。

表紙でネタバレ

 

初めて上の表紙を見たとき「嘘だろ…!?」と思いました。
前の巻でまだ決着が着いてなくてドキドキしながら次巻を見たらこれです。
あ…勝ったんだ」と結果だけ知らされて後は勝つまでの過程を追ってく作業になったのは寂しい記憶です。

結論:ネタバレは防げない

結局のところどこまでをネタバレとするかの基準は個人で異なるし、その基準を決めれないことからネタバレを防ぐことは難しいです。
ニュースアプリの「ハッカドール」なんかはネタバレ防止フィルターが設定できるようになってて、作り手も発信者も昔に比べて慎重にはなってきてるんですよね。

ここまで色々書いておいて言うのもなんですが自分はそこまでネタバレにうるさくないですよ。
ネタバレとかも全部笑いに転化できるならそれでチャラや!って考えるようにしてます。

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

巨大化したコンテンツはどこから楽しめばいいのか

先日の話、友人がアイマスや東方などの人気コンテンツに興味があるけどシリーズとか作品が多すぎて手が出せ

記事を読む

ヲタク速報「アニメだとお約束の描写だけど実際には見ないもの」を読んで思ったこと

アニメだとお約束の描写だけど実際には見ないもの/ヲタク速報 このお約束の描写ってどんなジャンル

記事を読む

作者のTwitterは見た方がいいのか?

「ペットサウンズ」とブライアンウィルソン ビーチボーイズの「ペットサウンズ」を聴いてたら夜が更けて

記事を読む

【ラブライブサンシャイン】キービジュアル公開!聖地は静岡ェ…

「ラブライブサンシャイン」の放送は2016年夏 夏アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のアニ

記事を読む

ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方2

ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方 前回の記事で『ドラえもん』の起承転結を書きましたが、今回は

記事を読む

ネットで群れることの危険性を考える

ネットがアニメファンを変えてしまったのか? 「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などで有名なヤマカ

記事を読む

深夜アニメの映画化と特典商法

深夜アニメ映画の特典商法は当たり前のことになってる 第2期の制作が決定している「響け!ユーフォニア

記事を読む

「無彩限のファントムワールド」全話一挙放送(5/3)!ニコ生の楽しみ方

「灰と幻想のグリムガル」一挙放送 今、ニコ生一挙放送で「灰と幻想のグリムガル」を見ています。

記事を読む

その文化は誰のモノか

アニメに影響されて○○を始めるのは恥ずかしいことなのか? 3大アニメに影響される系「SHIROBA

記事を読む

敵VS敵の構図がワクワクする理由

スポーツ漫画とかバトル漫画であるライバルVS敵、敵VS敵みたいな構図にワクワクしてしまうのは自分だけ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑