*

敵VS敵の構図がワクワクする理由

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 雑記

スポーツ漫画とかバトル漫画であるライバルVS敵、敵VS敵みたいな構図にワクワクしてしまうのは自分だけではないと思います。

ストーリーにその構図を入れてくる作品は珍しくはないですが、最近ではそのパターンや結末のバリエーションが増えてきてて面白いなと感じました。

そこで今回は、色んな形の敵VS敵の構図を考えていきます。

どちらが勝つかわからない

敵VS敵の構図にワクワクする一番の理由はこれだと思います。

どちらも主人公サイドじゃないから「結局はこっちが勝つよね」って予測がつかないことがポイントと言えます。

「ドラゴンボールZ」のザーボンVSベジータなんかはその典型で、悟空サイドは置いてけぼりでフリーザ軍第3勢力のベジータが戦っているという構図がよかったのです。

このようにドラゴンボールに限らず主役以外のキャラ同士の戦いをしっかり描いてる作品は人気が出ている気がします。

どちらが勝つかはわかる!?

ワクワクするポイントに「どちらが勝つか予測がつかない」と書きましたが、実際はけっこう予測できるんですよね。

例えば敵VS敵でも以前に主人公達と戦って敗れてるようなキャラ新しく出てきた謎の多いキャラだとだいたい後者が勝ちます。

他には不自然に出てきた子どもや動物を庇って形成逆転されたり、ケガをしてて一瞬動きが鈍って…なんかのパターンで、実力じゃない部分を絡ませることでどちらが勝つかがわかるときもあります。

こういうのって新キャラの強さを際立たせたいけど旧キャラの威厳も落としたくないって作者のエゴが見えてるようで自分はあまり好きな展開ではないんですが…。

後は、どちらかのキャラに急に回想とか過去シーンが入ったりしてパワーアップする、「パチンコ演出かよ」って思うようなやり方なんかもありますね。

こういうのはいっそボケに徹して片方がパワーアップしたらもう片方も回想いれて「あいつにもそんな過去が!?」的なツッコミを入れれば面白くなるんじゃないでしょうか(適当)。

応用ボケとして敵のパワーアップを見て慌ててこちらも回想シーンを挟むけどしょうもないシーンばっかり浮かんできちゃうみたいな…ちょっと話がズレたんで戻します。

近年の作品で描かれるイレギュラー

ジャンプで連載されていた「黒子のバスケ」や、マガジンで連載中の「ダイヤのエース」には敵VS敵でどちらが勝つかわかってしまうような構図が出てきます。

その構図は以前主人公チームに敗れたライバルVS不敵に現れた新しい敵でしたが話の流れ上、どちらが勝つかは予測できますよね。

でもここにこうして書いているのでわかると思いますが両作品、ここでは前者が勝つのです。

結果、次の試合では主人公チームと再戦という形になったわけですが、ここでの面白さは従来のかませ犬VS新キャラの役割が逆だったってところになります。

このように今まで新旧キャラの負けフラグとして機能してた敵VS敵の構図を逆手にとって新しい演出として再構築してる作品が近年増えてきているのです。

強さのインフレ

この敵VS敵が違った意図で使われるようになったので、結果としてバトル漫画での強さのインフレがなくなってきたと言えます。

それは、一度主人公に敗れたキャラも成長しているということで、新しいキャラがその負けたキャラの成長を描くために出てくるようになったとも言えます。

こうなってくると誰が強くてどっちが勝つかってのはいよいよわからなくなってくるので読者としてはワクワクしっぱなしなわけです。

    

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

これからアニメを趣味にしたい人が知っておきたいこと

アニメのすすめ 「話題になっている○○に興味がある」、「ソーシャルゲームとコラボしてる作品が気にな

記事を読む

ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方

ドラえもんが人気の理由 昔の『ドラえもん』を見ていて、「なぜドラえもんは面白いのか」と考えました。

記事を読む

作品を勧める前に考えること

「押すな引け」の極意は、古事記にもあった! ハマっている作品を勧めすぎて逃げられる貴方へのクチコミ処

記事を読む

ネタバレをどこまで許せるか

「はじめの一歩の」ネタバレが有ります。   皆さんはアニメや漫画のネタバレを許

記事を読む

深夜アニメの映画化と特典商法

深夜アニメ映画の特典商法は当たり前のことになってる 第2期の制作が決定している「響け!ユーフォニア

記事を読む

その文化は誰のモノか

アニメに影響されて○○を始めるのは恥ずかしいことなのか? 3大アニメに影響される系「SHIROBA

記事を読む

巨大化したコンテンツはどこから楽しめばいいのか

先日の話、友人がアイマスや東方などの人気コンテンツに興味があるけどシリーズとか作品が多すぎて手が出せ

記事を読む

ネットで群れることの危険性を考える

ネットがアニメファンを変えてしまったのか? 「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などで有名なヤマカ

記事を読む

日常系作品とは何なのか?

日常系作品の定義 ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方 ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方2

記事を読む

作者のTwitterは見た方がいいのか?

「ペットサウンズ」とブライアンウィルソン ビーチボーイズの「ペットサウンズ」を聴いてたら夜が更けて

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑