*

現代版まんが道 東村アキコの「かくかくしかじか」紹介

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 漫画

今回は「海月姫」などで有名な東村アキコ先生の自伝漫画「かくかくしかじか」を紹介します。

「かくかくしかじか」のあらすじ

林明子は、宮崎県の片隅で伸び伸びと育ち、自分は絵の天才だと思い込みながら少女漫画家になることを夢見ていた。 高校生のころ「美術大学に進学し、在学中に漫画家としてデビューする」という計画を立て、高校3年で日高絵画教室の美大進学コースに入る。 しかし、講師であり自らも画家の日高健三に今までの自信と天才との思い込みを粉々に打ち砕かれ、待っていたのは竹刀とアイアンクローのスパルタ指導。 そして、厳しくも優しい恩師・日高先生と、調子者のミラクルガール・明子が、ときに反発しながら二人三脚で美大合格を目指す。

受験、大学生活、就職、仕事……漫画家としての人生に至るまでを描いたドラマチック・メモリーズ。(wikipedia)

圧倒的な熱量の東村アキコワールド

「かくかくしかじか」は漫画や絵を描いてる人はもちろん、何かを創ってる人、何かに打ち込んでる人、これから何かを始めたいという人、それら全の人にオススメしたいです。
読者を奮起させる、成長させる、それだけの情報と熱量がこの作品にはあります。
自分もこれに衝撃を受けた内の一人なのですが、その影響力は作者の自伝、ノンフィクションという形でこの作品が描かれているからに他なりません。
そこで語られる絵に対する姿勢、考え方は実際に作者が体験してきたことがベースになっているから胡散臭さがないんです。

どうやって「美大に合格したか」、「漫画家になれたか」と、東村は、よく若い子に聞かれるが、絵を描くということは、ただ手を動かし「描くこと」、「どれだけ手を動かしたか」が全てだ。日高教室で同じものを何回も何十回も強制的に描かされた。それがよかったと思う。楽しくだけでない押しつけるような、きつい先生に出会うこともだいじだ。大学で描けなくなったのは、「何を描くか」、「自分の描きたいものは」と考えたからだ。根気のない子や頑張れない子、逃げで描く子は無理だ。絵を描くことに生活で一番集中してないと。しかし、口で言うと偉そうだし、若い子には伝わらないので漫画で表そうとした。若い子は、ある日何か降りてきて、いつかすっと描けるようになると思っている。それは違って、しんどいが想念の海の中から無理やり、何か掴んで引きずり降ろすしかない。『パピルス』「東村アキコ 神様は、降りてこない」2013年8月号 幻冬舎

最短で最も効率的に成功するには?

自分には自己啓発本を貪るように読み漁ってた時期がありましたが、そこで見つけたある共通点があります。
それは漫画でもアートでもスポーツでもビジネスでも同じで、成功する人は「地道な努力」を続けられる人だということです
その努力の方向を間違えない為にも適切な指導者やマインドを得る必要はありますが、「かくかくしかじか」はそうしたマインドを養うためのバイブルになり得ると考えます。
読んでいると色々遠回りしているように見えますが、実際のところ東村先生は「最短で最も効率的に成功した漫画家」の一人だと言えます(結果論ですが)。
そんな”天才”にみえる漫画家が歩いてきた道、その苦労を知ることができるという意味でもこの作品を読む価値はあると思います。

人を変える作品

人を動かす力がある作品として「スラムダンク」や「ちはやふる」がありますが、この作品もそれに属していると言えるでしょう。
あえて巻数の多い作品を例に挙げましたが、「かくかくしかじか」はわずか5巻で完結しています
なので自分はこの類の作品を勧めるときは「かくかくしかじか」を挙げるようにしてます(他は日本橋ヨヲコ作品とか)。

「かくかくしかじか」には「これを描き上げたらもう次の作品は描けないんじゃないか」と思うくらい情熱が詰まってますが、東村先生はその後もきっちりヒット作を出しているので素直に「すげーなぁ」と思うばかりです。

 

スポンサーリンク

関連記事

『コトノバドライブ』3巻の感想

6月26日日曜日 物凄い腹の痛みで目を覚ます。 大抵は無視して寝てれば治ってるけど今回はそうもい

記事を読む

「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」感想

水木しげるっぽい絵で描かれる純文学の世界 『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読

記事を読む

強さの果てとその先を描く作品

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読んで色々と思うことがあったのでまとめておきます。

記事を読む

【モブサイコ100】原作漫画を読みたい人はzipなど探す必要はない

【モブサイコ100】アニメ放送前に原作を読みたいならば… タイトルの通りです。 お金は払いたくな

記事を読む

【漫画感想】『ちはやふる』の魅力を考えてみた(ネタバレ注意)

『ちはやふる』滅茶苦茶面白いです。 原作を読んで思うのはアニメの出来もかなりよかったってこと。

記事を読む

【マンガ大賞2016】『BLUE GIANT』の紹介

マンガ大賞2016発表 【マンガ大賞2016第3位】 熱くて泣けるジャズ成長物語『BLUE

記事を読む

【ちはやふる】無料アプリBOOK☆WALKERで電子書籍版を購入してみての感想

『ちはやふる』滅茶苦茶安くなってた! 漫画アプリBOOK☆WLKERで『ちはやふる』1~30巻まで

記事を読む

【9月の新刊マンガ】『あまんちゅ!』11巻、『BLUE GIANT』9巻買いました!

本屋さんに行ったら自分が集めている漫画の最新巻が発売されていたので即購入しました。 事前に調べてお

記事を読む

「ゆるキャン△」が自分の知ってるキャンプと違った話

まんがタイムきららフォワードで連載されている「ゆるキャン△」の第1巻を読みました。 あ

記事を読む

『トキワ荘青春日記』から見えてくる超豪華メンバーの素顔

トキワ荘メンバーの青春 図書館で借りた『トキワ荘青春日記』を読みました。 この本は若き日の藤

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【豊作!?】2017年秋アニメ視聴リストまとめとオススメ

久々の更新となりました。 前置きはさておき、さっそく今期(2017年

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑