*

京アニの描く青春ミステリー「氷菓」の紹介

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 2012年

今回は京アニの「氷菓」を紹介します。

公式サイト

公式サイト2

「氷菓」の概要

2012年に放送された京都アニメーション制作の青春ミステリーアニメです。

ジャンルはミステリーになりますが殺人事件ではなく、日常の中にある謎を推理していくという形式をとっています。

普通の推理小説の中に青春群像劇としての学園もの要素を入れた贅沢な作品と言えます。

青春と謎

作中では派手な事件が起こるわけでもないし、コメディに特化しているというわけでもないので序盤は地味な印象を受けます。

しかし、登場人物の性格や関係性が分かってくる中盤以降からはどんどん面白くなっていきます。

そして推理要素としての謎も、より主要キャラの内面に踏み込んだものとなっていき推理と青春を「つなぎ合わせた」ではなく「混ぜ合わせた」ような状態となってきます。

話はどうしても会話中心になるので絵的に地味になるかと思われますが、そこは京アニの高い技術力でカバーされているので問題ありません。

登場人物の動き、光や天候、季節による色合いの変化などの映像表現が特にずば抜けていて、派手なアクション抜きでここまで魅せることができるのかと衝撃を受けると思います。

京アニ作品はどれも作画に力が入っていますが、「氷菓」では特にその気概が感じられます。

「静」の作品だからこそ作画面ですごいモノを作ってやろうっていう挑戦的な姿勢がプラスに働いた結果だと自分は思っています。

「氷菓」はアニメをあまり見ない人に自信を持って勧められる作品の一つです。

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

「TARI TARI」の主人公が3年生だったことの意味

【TARI TARI】和奏たちが3年生だった理由を考える 先日、友人と「TARI TARI

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑