*

【ハクメイとミコチ】東方との関係性は?wiki的まとめ

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 ハクメイとミコチ

ハクメイとミコチと東方

「ハクメイとミコチ」を読んだ友人が「二人が東方に出てくるキャラに似てる」と言っていました。
ネットでも同じような感想を抱く人は多いようでグーグルでは予測検索に「ハクメイとミコチ 東方」が一番上に来るほどです。

結論から言うと「ハクメイとミコチ」は東方プロジェクトに一切関係ありません
あくまで出てくるキャラクターが似ている、ということらしいですね。

樫木祐人と兎沢

作者の樫木祐人先生は兎沢(とたく)という名前で東方関連の同人誌を描いていたそうです。

pixivに投稿されたイラストや漫画などから、「ハクメイとミコチ」を連載している現在でも兎沢としての活動も精力的に行っているようですね。

東方の世界観

自分は東方に全然詳しくないのでこの話題に突っ込んでいくことができなかったのですが、興味はあったので少し調べてみました。
東方プロジェクト」とは、同人サークルの「上海アリス幻樂団」によって作られたシューティング系を中心としたゲーム、書籍、CDなどのコンテンツを指します。
ゲーム、キャラクター、音楽と入口は広いですが、自分が特に気になったのは音楽と幻想的な世界観です。

東方Projectは、主に幻想郷と呼ばれる一地方でストーリーが展開される。この幻想郷の中で「異変」と呼ばれる怪事件や怪現象が発生し、主人公である博麗霊夢や霧雨魔理沙などの登場人物が「異変」を解決する。

和洋混ざったようなヘンテコな世界観、中でも自分が物凄いと思ったのは西洋ファンタジーっぽい雰囲気があるのに和の厳かさみたいなものが感じられるところです。
自分がそう感じたのはネットに転がってるイラストが主で、実際に書籍やゲームに触れたらまた雰囲気は変わってくるのかもしれませんが…。

ハクメイとミコチ=魔理沙と霊夢!?

touhou
(【第6回東方ニコ童祭Ex】ハクレイのミコんチ より)

ハクメイとミコチが似ていると言われるのは魔理沙霊夢というキャラクターです(上画像の左から二人)。
この画像は意図的に似せてあるっぽいですが魔理沙のモジャモジャした髪の感じや、霊夢の黒髪巫女装束はミコチに似ています。
この二人が似ているのは容姿だけではないと言われていますが、では魔理沙と霊夢とはどのようなキャラクターなのでしょうか。

霧雨 魔理沙(きりさめ まりさ)

Marisa

ひねくれ者な上に性格が悪いが、根は真っ直ぐで努力家。何処へ行っても迷惑がられるが、実際に迷惑な行動も多い。魔法使いなので魔法を使う妖怪と相性が良いが、それらにはあまり好かれてはいない。蒐集癖があり物が捨てられないが、それらの一部は森近霖之助が引き取っている。幼少の頃に霖之助から受けた影響で、鉄くずなど金属を集めるようになっている。他にもどこからか集めてきたグリモワール(魔導書)やマジックアイテムを多く所持しているが、集めることに意義があると思っていて使っておらず、また整理が出来ない性格のため、家の中はアイテムで散らかり放題になっている。喋り方の特徴として、語尾に「〜だぜ」「〜か?」等をつける口調が多い。一人称は「わたし」か「私」。

男っぽい面があるけど、一人称が「私」というあたりにハクメイっぽさを感じますね。ハクメイはひねくれてるわけでも性格が悪いわけでもないので毒素を抜いた魔理沙といった感じでしょうか。

博麗 霊夢(はくれい れいむ)

reimu

単純かつ裏表の無い性格で、人・妖怪を問わず惹き付ける不思議な雰囲気の持ち主。努力が報われると信じておらず、一生懸命に取り組むことを嫌っている。アリス・マーガトロイドの「全力で戦って負けると後がないため本気を出さない」という性格は、霊夢に似ているとされる。修行嫌いでほとんど修業はしていないため、強さは「そこそこ」。『萃夢想』では、修行不足を天性の才能でカバーしており非常に強いとされている。妖怪退治を仕事としているため妖怪に対しては厳しい態度を取っているが、自身は人間にも妖怪にもさほど興味はない。誰でも平等に扱うが、その反面、誰も仲間として見ていない。仕事に関しては無慈悲。強い妖怪からはこのような性格が好まれているが、弱い妖怪からは怖れられている。

霊夢はミコチに似ている感じはしないですね。しかし名前や容姿の影響は霊夢の方が大きいことは見ての通りです。
この二人が実際に動いて喋ってるシーンを見たことがないのですが、最も似ているのは二人のやりとりや掛け合いなど、この二人でしか出せないグルーヴ感のような「独特の関係性」にあるのではないかと自分は考えています。
そう思うと俄然東方に興味が出てくるし、兎沢先生の同人誌も読みたくなってきます。

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

【第31話】人が何かにハマる瞬間 「ハクメイとミコチ」感想

今月発売のハルタに掲載されていた「ハクメイとミコチ」が面白かったです。 以下第31話「雨とテン

記事を読む

振り子の理論で考える「ハクメイとミコチ」第4巻

「ハクメイとミコチ」第4巻のネタバレあります。   第2回 次に来るマンガ大賞

記事を読む

スローライフなのにワクワクする、「ハクメイとミコチ」の世界観

【ハクメイとミコチ】今一番熱い日常系作品!? 月刊誌『ハルタ』で連載中の「ハクメイとミコチ」が抜群

記事を読む

【ハクメイとミコチ】アニメ化はあるのか?

「ハクメイとミコチ」アニメ化を望む声 はやくハクメイとミコチをアニメ化するんだよぉ! pic.

記事を読む

【ハクメイとミコチ】ComicWalkerで試し読みならぬ連載が始まってた話

  ハクメイとミコチ ComicWalker - 人気マンガが無料で読める! htt

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑