*

「ハイスコアガール」が連載再開! ようやく続きが読める!アニメ化は…!?

公開日: : 漫画

「ハイスコアガール」連載再開

色々あって連載が中断されていた押切蓮介先生の「ハイスコアガール」の再開が決定したそうです。

掲載誌は月刊「ビッグガンガン」で、再開は2016年7月25日(月)発売の号から。
これに伴い加筆、修正、表紙描きおろしを加えたリニューアルコミックスも発売され、こちらの発売も7月25日とのこと。

話が一番盛り上がってるときに中断され未完の傑作とされた、そんな青春ラブコメディ漫画がとうとう帰ってきたんです。

「ハイスコアガール」のあらすじと紹介 「ピコピコ少年」との関係は?

1990年代の対戦型格闘ゲームブームを舞台に、ブームの火付け役となった『ストリートファイターII』(以下『ストII』)を主人公・矢口ハルオとヒロイン・大野晶の因縁として位置付けて描いたラブコメディ作品である。

本作では登場人物たちの心情が、実際に発売されたゲームのプレイ画面やキャラクター、そのゲームにまつわるエピソードなどを通じて表現されている点が大きな特徴となっている。ゲームキャラクターたちにも本作独自の性格付けが行われており、不安・葛藤に直面した主人公を励ますなどユーモラスにアレンジされて描かれているほか、特にヒロインの1人は「ゲームプレイの内容から心情が読み取れる」ことを意図した人物像・描写がなされている。過去発表作『ピコピコ少年』、『ピコピコ少年TURBO』などで語られた作者自身のゲームにまつわる体験や薀蓄がふんだんに盛り込まれており、当時の熱狂を知る世代の読者には一種の回想録としても楽しむことができる作風となっている。ストーリーの設定上、アーケード、家庭用含めビデオゲームが話の中心となるが、ゲームセンターに設置されていた体感ゲームやエレメカなども多数紹介されている。(wikipediaより引用)

「ハイスコアガール」からゲーム要素を抜けば単なるラブコメですが、このゲームという部分がみそ。
作品の舞台はゲームが物凄い速度で発展&浸透していた反面、ゲームをやるのはあまりよくないこととされていた90年代です。
それでもゲームが好きで親や学校の目を盗んでコソコソゲームをしていた、そんな人たちがこの作品にノスタルジーを感じるであろうことは想像に難くありません(読者の青春にゲームと恋愛が共存していなかったことはご愛嬌)。

90年代のゲームがノスタルジーの対象になっちまったって切なさもさることながら、ゲームがきっかけで友達ができたこと、喧嘩したこと、勇気をもらったことなど、ゲームが少年少女を成長させるツールとして肯定的に描かれているのも好感が持てます。
少年時代に映画や本に感動して~、音楽に救われて~、なんて話をよく聞くから「自分はゲームで…」なんて言うのはいささか恥ずかしい気がしないでもないです。
けど確かにそこにはゲームを媒体にして生まれた感動があってドラマがあってそれに救われた人だっていたんです。
そんなピコピコ少年たちにスポットライトを当てたのが押切蓮介という漫画家です。

「ハイスコアガール」はゲームセンターを舞台としたラブコメで完全フィクション。
「ピコピコ少年」は作者の自伝的漫画になっています。
両作品には似たようなエピソードがありますが、作品的な繋がりや互換性は一切ありません
どちらも独立して楽しめます。

   

「ハイスコアガール」アニメ化はどうなるのか?

2013年12月に一度アニメ化が発表されていましたが、例の一件でうやむやになっていました。
エピソードのストック的にはアニメ化できるということなので、今回の再開やコミックス再販の反響次第ということになるのではないでしょうか。
個人的には絶対にアニメ化してほしいところなので、売り上げでも口コミでもできる範囲でこの作品を支援していきたいと思ってます。

ただどうしても時間は空いているので、熱が冷めている人もいるだろうし再開の話を知らない人だっていると思います。
ゲスい話になってくるけど今「ハイスコアガール」をやって金が回るかって部分は重要だと思うので…。

take

最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

強さの果てとその先を描く作品

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読んで色々と思うことがあったのでまとめておきます。

記事を読む

【漫画感想】『ちはやふる』の魅力を考えてみた(ネタバレ注意)

『ちはやふる』滅茶苦茶面白いです。 原作を読んで思うのはアニメの出来もかなりよかったってこと。

記事を読む

現代版まんが道 東村アキコの「かくかくしかじか」紹介

今回は「海月姫」などで有名な東村アキコ先生の自伝漫画「かくかくしかじか」を紹介します。 「かくかく

記事を読む

「ゆるキャン△」が自分の知ってるキャンプと違った話

まんがタイムきららフォワードで連載されている「ゆるキャン△」の第1巻を読みました。 あ

記事を読む

「モブサイコ100」アニメ化にあたってのあらすじ紹介とか

「モブサイコ100」は「ワンパンマン」で一躍有名作家になったONE先生がWEBサンデーで連載している

記事を読む

「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」感想

水木しげるっぽい絵で描かれる純文学の世界 『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読

記事を読む

【少女ファイト】13巻感想 好きなことに正しく狂え

日本橋ヨヲコ先生の『少女ファイト』13巻読みました!! 12巻の発売が去年の今頃だったのでおよそ1

記事を読む

SF短編集から見えてくる藤子・F・不二雄という人物

藤子・F・不二雄の短編 最近は本棚の奥で埃をかぶってた藤子・F・不二雄のSF短編集を読み漁ってます

記事を読む

【マンガ大賞2016】『BLUE GIANT』の紹介

マンガ大賞2016発表 【マンガ大賞2016第3位】 熱くて泣けるジャズ成長物語『BLUE

記事を読む

『トキワ荘青春日記』から見えてくる超豪華メンバーの素顔

トキワ荘メンバーの青春 図書館で借りた『トキワ荘青春日記』を読みました。 この本は若き日の藤

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【豊作!?】2017年秋アニメ視聴リストまとめとオススメ

久々の更新となりました。 前置きはさておき、さっそく今期(2017年

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑