*

深夜アニメの映画化と特典商法

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 雑記

深夜アニメ映画の特典商法は当たり前のことになってる

第2期の制作が決定している「響け!ユーフォニアム」ですがそれに先駆け劇場版が4月に公開されます。
人気深夜アニメの映画化はもう当たり前のようになってきてますが、偏に映画が「儲かるから」という話を聞いたことがあります。

確かにグッズやブルーレイを買わなくても映画に対してはお金を払うという人は多いように思えます(自分もその口です)。
本編を集めようと思うとどうしてもウン万単位でお金がかかるので躊躇してしまいますが、映画ならば2000円以内で見ることができます。
一部の熱心なファンにBDをすべて買ってもらうよりも、たくさんいるライト層に映画を見てもらう方が手っ取り早く成果を出せるのでしょう。

深夜アニメ映画の『特典商法』は『アコギな商売』なのか?【ラブライブ】

こちらの記事に書かれているのは映画で配られる特典グッズの是非について。
今は週替わりで特典が貰えるパターンが多いですが、昔は映画を3回見れば特典を1つ貰える、というような作品も結構ありました。

前提として、深夜アニメ(TVシリーズ)を観る層は好きな作品は何回でも観る層だ、と認識することが最重要。 一旦無料放送→BDを発売するという形態上、作品もリピート視聴を前提とした作りになる。 その性質はテレビシリーズを受けて作られた劇場版も同様。

この前提を踏まえているなら映画館に何度も足を運ぶのを躊躇ってしまうファンを後押しするという意味で特典を付けることも理解できます。
深夜アニメを観る層は好きな作品は何回でも観る層、ばかりでもないと思うし映画自体を観たい人は特典に拘らないと言えます。
そのことを考えれば映画というメディアはコアなファンにもライトなファンにも適している理想的な形態なのかもしれないですね。

例えばこういう状態だったら、「行き過ぎ」と言われても仕方ないですが、今回はすべて該当しません。「一度に9種類配布」「満席のはずなのに、実際には空席だらけ」「不人気キャラの特典が大量に捨てられている」「複数渡せと要求する客が毎回出て入場が遅れる

映画の出来が余りにも悪ければ特典>映画となってしまい、こうしたことが起こるかもしれないですが今のところそのような事例は聞いたことがありません。
アニメの映画と言えば一昔前でなら総集編や映画で完結するオリジナルストーリーが当たり前でしたが、最近では「たまゆら」のように本編の完結編として、ユーフォのように1期と2期を繋ぐエピソード(1,5期)として映画が作られるようになってきたので話を理解するためにも必然的に映画館に足を運ぶ必要があるんですよね。

深夜アニメの映画化は今後も増えていくものと思われますが、自分はこれを「インドアオタクもっと外出ろ」と叱咤激励されてるんだと捉えていきたいです。
そうでもしないと自分の場合休日に家でゴロゴロして夕方鬱になるんで。

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』を読んで思ったこと

最近話題になっている漫画『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』を読みました。  

記事を読む

【ラブライブサンシャイン】キービジュアル公開!聖地は静岡ェ…

「ラブライブサンシャイン」の放送は2016年夏 夏アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のアニ

記事を読む

アニメは毎クール何本くらい見ればいいのか

見たいアニメが多すぎて絞れない時は 初めに結論を言うと自分に合った本数を見つけ出すおすすめの方法は

記事を読む

「無彩限のファントムワールド」全話一挙放送(5/3)!ニコ生の楽しみ方

「灰と幻想のグリムガル」一挙放送 今、ニコ生一挙放送で「灰と幻想のグリムガル」を見ています。

記事を読む

ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方2

ドラえもんから学ぶアニメの楽しみ方 前回の記事で『ドラえもん』の起承転結を書きましたが、今回は

記事を読む

これからアニメを趣味にしたい人が知っておきたいこと

アニメのすすめ 「話題になっている○○に興味がある」、「ソーシャルゲームとコラボしてる作品が気にな

記事を読む

異世界転生というジャンルについて

【アニメ】異世界転生チートがなぜ流行るのか? 最近流行っている主人公が異世界に転生して無双する系の

記事を読む

作品を勧める前に考えること

「押すな引け」の極意は、古事記にもあった! ハマっている作品を勧めすぎて逃げられる貴方へのクチコミ処

記事を読む

ネットで群れることの危険性を考える

ネットがアニメファンを変えてしまったのか? 「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などで有名なヤマカ

記事を読む

敵VS敵の構図がワクワクする理由

スポーツ漫画とかバトル漫画であるライバルVS敵、敵VS敵みたいな構図にワクワクしてしまうのは自分だけ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑