*

漫画界のパンクロック「バシズム 日本橋ヨヲコ短編集」紹介

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 漫画

【バシズム】日本橋ヨヲコの初期短編集

今回は日本橋ヨヲコ先生の短編集「バシズム」の紹介です。
この作者は、何かに悩んで苦しんでいるような登場人物の心の闇を描くのが非常に上手です。

「バシズム」はそんな日本橋先生の初期作品を集めたものとなっています。
どのエピソードもメッセージ性を隠さずストレートに描いていて、青すぎるくらい剥き出しで確信を突いたような言葉は読んだ人の心に刺さります
絵やストーリーなど気になる点はありますがそれを差し置いて圧倒的な熱量があります。

何もかも嫌になってしまった、色々上手くいかなくて苦しんでる、一歩前に踏み出せない、そんな人に「バシズム」はオススメできます。
自分が初めて「バシズム」を手にしたの二十歳過ぎですが、もっと早く中学高校くらいの時にこれを読みたかったです。
クサくてダサくて格好悪くて恥ずかしくて思い出したくない青春時代だけど、それをを肯定してくれるのが日本橋ヨヲコ先生の作品だと思うんです。

日本橋ヨヲコがなぜロックなのか?

色々調べている内に面白い記事に出会いました。

対談・伊集院光×甲本ヒロト&真島昌利(2006.10.8 TBSラジオ「伊集院光・日曜日の秘密基地」にて)

下記はラジオ内の企画で出されたお題と回答に関する部分の抜粋になります。

雑誌『スコラ』2002年9月号からの問題です。記事の中で、当時THE HIGH-LOWSで活動していた甲本ヒロトさんが「ロックンロールにはマジックがある」と語っています。では、そのマジックとは一体どんなものでしょうか。

(中略)

ヒロト
んとね、これ、ちょっとあんまり笑いなしなんですけど、僕がロックンロールに抱くものっていうのは、必ずね、その、「世の中はこうなんだ」っていう決まりごとをね、壊してくれるものなんですよ。それは非常に破壊的で攻撃的な、なんかこう悪いイメージじゃなくて、「お前も生きていいんだよ」って言ってくれるんだよな。「お前みたいなヤツでもさ、すっげぇ生きていいんだよ」って許してくれるのがロックンロールなんですけど、そういうことじゃないよなきっとな
伊集院
この答えとは違いますけど、でもなんかそれね、僕はそれを落語にずっと感じてたんですよ。僕は落語家に最初なったときに、全肯定なんですよ。人間のダメなところも全肯定なんですよ落語って。浮気もする、それから働かないとか、でも「お前はアリ」っていう、それも「お前は面白いからアリ」っていうのが、僕の最初にドーンって出会った落語っていうお笑いの……
ヒロト
そうだね!ロックンロールはそこで「お前はカッチョいいからアリ」って言ってくれる。それなんだ
伊集院
で、だから落語もお笑いも何やって楽しいかって、普通の人だったら恥ずかしくていられないようなカッコ悪いこととか、照れくさいこととかも、全部面白くさえすればアリって言ってくれるやさしさみたいのがすごい好きで、ロックもそういうことなのかな
ヒロト
そう、ロックンロールは、カッチョよければアリ。そのカッチョよさの幅はすごく広いよ

このやり取りを読んで「バシズム」に、「ロックンロール」という言葉がすんなり落とし込めることに気が付きました。
ヒロトさんにとっての音楽、伊集院さんにとっての落語のように、誰かのロックになれるのが日本橋ヨヲコ先生の作品だと思います。

今後は本や音楽だけでなく、ゲームや漫画、アニメに救われた、変えられたという人がたくさん出てくるでしょう。
それはダサくて軽く聞こえるかもしれませんがロックってそういうことなんだと思います、色々。

take

最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

『トキワ荘青春日記』から見えてくる超豪華メンバーの素顔

トキワ荘メンバーの青春 図書館で借りた『トキワ荘青春日記』を読みました。 この本は若き日の藤

記事を読む

【日本橋ヨヲコ】20周年記念展が秋田で開催!

【日本橋ヨヲコ】画業20周年企画!初の個展は秋田県で開催 初の大原画展『日本橋ヨヲコ画業20周

記事を読む

土田世紀の短編が滅茶苦茶面白い【感想とか】

東京に行ったとき土田世紀さんの短編を色々買ってきて、最近ようやく読み終えました。 買ったのは『永ち

記事を読む

不思議な世界観に浸りたい人へ「コトノバドライブ」紹介

漫画化の芦奈野ひとし先生を知っている人であれば、無駄な説明なくスッとすすめられるけど、そうでない人に

記事を読む

「モブサイコ100」アニメ化にあたってのあらすじ紹介とか

「モブサイコ100」は「ワンパンマン」で一躍有名作家になったONE先生がWEBサンデーで連載している

記事を読む

【9月の新刊マンガ】『あまんちゅ!』11巻、『BLUE GIANT』9巻買いました!

本屋さんに行ったら自分が集めている漫画の最新巻が発売されていたので即購入しました。 事前に調べてお

記事を読む

【さくらの唄】10代で読みたかった!剥き出しのナイフのような作品

「さくらの唄」とは 安達哲の「さくらの唄」を読みました。 読後に調べたらこの作品はサブカル青春漫

記事を読む

超豪華なコラボ「水木しげるの遠野物語」

遠野物語とは 『遠野物語』は明治時代の民俗学者、柳田國男が遠野(岩手県)に伝わる民間伝承を

記事を読む

SF短編集から見えてくる藤子・F・不二雄という人物

藤子・F・不二雄の短編 最近は本棚の奥で埃をかぶってた藤子・F・不二雄のSF短編集を読み漁ってます

記事を読む

「劇画・オバQ」が本当に切なかった話

藤子・F・不二雄先生の短編「劇画・オバQ」を読みました。 簡単なあらすじは以下に引用しておきま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【豊作!?】2017年秋アニメ視聴リストまとめとオススメ

久々の更新となりました。 前置きはさておき、さっそく今期(2017年

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑