*

【ARIA】少年少女を旅に駆り出させるその魅力を考える

公開日: : 最終更新日:2016/08/14 天野こずえ作品

天野こずえの『ARIA』を読んだ人は旅に出たくなるという不思議

最近は暖かい日が続くので自分はというと専ら山野に駆り出し「焚火」という原始的な娯楽に興じています。

ボケーとアホ面で薪をポイポイ、コーヒー片手に終日『赤毛のアン』なんかを読んだ日にはいよいよ旅に出なければ、なんて気持ちにさせられてしまうものです。
モンゴメリの文章ってのは大したもんで、青少年少女のみならず暗い青春期を過ごしてる自分さえも外に引っ張り出させるような、そんな不思議な魔力があるんです。

天野こずえの『ARIA』を読んだときに受けた衝撃はそれに酷似していて、よもや自分が「早急に素敵な旅がしたいです!」なんて言わせられるとは思ってもみなかったです。
描かれた時代や国は違うのに読後にここまで似通った気持ちを抱かせるのは、両作品に共通して描かれている普遍的なテーマが原因に違いないと自分は考えました。

『ARIA』と『赤毛のアン』の共通点

両作品に共通していると思ったテーマは「性善説」。
登場人物に悪人がいなくて皆善人、出会う人すべてが優しさと愛で灯里やアンを成長させていく
それって正に「この世界がこうだったらいいのに」という理想郷の物語なんです。
そんな理想郷を求める人の性が「ここじゃないどこかへ旅したい」という欲求になって多くの読者を突き動かしているのだ、と強引な解釈。

『ARIA』を読んだ人は絶望する

『ARIA』を読んで感動した人は、爽やかな涙を流したのち再び涙を流すことになります。
それは「実際にはこんなユートピアは存在しない」という現実に気が付くからです。
作品の後半には永遠に続くかのように思われた少女たちの青春時代にも終わりが訪れ、全部が変わっていくという現実的な着地点が待っています。

「この時間がずっと続けばいいのに」と思ってもそれは過ぎていくこと、理想郷なんてどこにも存在しないこと、ある程度常識のある読者ならそんなこたぁ最初から分かっています。
そしてそれでもその瞬間をずっと探し求めていたいという気持ちが無くならないことも。
だからこそ祭が終わった後のような空っぽに何故だか涙がこぼれるのです。

自分を通してそこに理想郷を見る

理想郷は存在しなかもしれないけど、それを見る人の心によってはあるかもしれない。
いや、でも嫌な奴も嫌な事も実際あるからなぁ…」なんて反論を寄せ付けない、有無を言わさぬ勢いと厚みが『ARIA』にはあります。
頑なに現実を排除して見せないようにして忘れさせて…じゃなくて、「理想郷なんて無いですよ」と現実をぶつけられてもなおそれを追い求めたくなるような、そう言わせるような何かを心に残していく、本当のファンタジーってこういうことだと思います。

関連記事

「あまんちゅ!」は「ARIA」に対するアンサーソングだった!?

「ARIA」を日常系に分類する違和感

   

take
最後まで読んで頂きありがとうございます!このブログはアニメや漫画の感想・考察を目的としています。更新情報はTwitterでも発信しているので宜しかったらフォローお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

「あまんちゅ!」は「ARIA」に対するアンサーソングだった!?

「ARIA」のラストで突きつけられる現実 自分の友人は「ARIA」を読んだときに旅に出たくなったと

記事を読む

「ARIA」を日常系に分類する違和感

今回もまた「日常系」について書いていきます。 日常系に目標は必要か? 普通の物語には明確

記事を読む

【あまんちゅ!】キャストとPV第2弾公開!

「あまんちゅ!」キャストは…? 7月放送開始予定のアニメ「あまんちゅ!」のキャストとPV第

記事を読む

【2016年夏アニメ】「あまんちゅ!」の聖地を地図っぽくまとめてみた

『あまんちゅ!』の聖地は伊東市に集中している 今年夏放送予定のアニメ「あまんちゅ!」の聖地

記事を読む

『ARIA』完全版-特典満載ではあるが…

「あまんちゅ!」のアニメ化、「ARIA」OVA化、アプリ配信などで最近特に勢いのある天野作品ですが、

記事を読む

【アニメ化】PV解禁!「あまんちゅ!」の音楽担当GONTITIとは?

PV公開!制作スタッフも解禁! 今年の夏放送予定『あまんちゅ!』のPV公開に合わせて制作スタッフも

記事を読む

【9月の新刊マンガ】『あまんちゅ!』11巻、『BLUE GIANT』9巻買いました!

本屋さんに行ったら自分が集めている漫画の最新巻が発売されていたので即購入しました。 事前に調べてお

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【フリップフラッパーズ】第1話、2話感想 楽しくてキラキラしたものを探す冒険

オリジナルアニメでガールミーツガールな感じが魅力的な「フリップフラッパ

【クロムクロ】第26話感想 この作品はこの1シーンを描く為に作られたのか…

夏アニメの消化と秋アニメのチェックに追われてしばらく更新が止まっていま

【モブサイコ100】12話「モブと霊幻」感想

「モブサイコ100」11話、12話見ました! (以下ネタバレ注意

【2016年秋アニメ】視聴リストとおすすめとか

夏アニメが終わって秋の視聴リストを考える時期になりました。 リストを

【ラブライブサンシャイン】第12話「はばたきのとき」感想

「ラブライブサンシャイン」第12話見ました! (以下ネタバレ注意

→もっと見る

  • 出身地:静岡県
    管理人のtakeと申します。
    趣味は釣りと音楽です。
    相互リンク・RSSは随時受付中!
PAGE TOP ↑